おさえておきたいビットコインハードフォーク

ビットコインハードフォークとは

仮想通貨のビットコインも人気が高まっており、これを運用するユーザーも増えていますが、ビットコインではたまにハードフォークが行われることがあります。
ハードフォークとは何でしょうか?
これはビットコインを実際に運用するにあたって、できれば知っておいた方が安心です。
押さえておきたいポイントをいくつかご紹介しましょう。

▼ 目次

ハードフォークとは何?

まずハードフォークについてですが、これはビットコインに関する一種の仕様変更になります。
国や金融機関など、独占的な管理者がいないビットコインは、すべての取引に関する履歴を記録し、それを公開することで逆に不正を防止しているのですが、この取引の記録の方法には、一定の仕様があります。
その仕様の変更が、このハードフォークになります。

つまりビットコインのハードフォークとは、これの記録方法の仕様が一部変更されることなのですが、普段これを取引する中で、記録の方法などを意識する機会はほとんどありませんよね。
ブロックチェーンと呼ばれる仕組みや、そこに記録されたすべての取引履歴など知らなくても、ビットコインの運用はできます。
ただ、ハードフォークに限っては、ユーザーの側でも知っておきたいことがあるのです。

これが行われると、これまでのビットコインの記録方法とは仕様が違う、また別の新しいブロックチェーンが生まれることになります。
こちらは以前までのものとはまったく仕様が異なり、それ以降にまた元のビットコインの仕様に戻ることもありません。
これはつまりどういうことかというと、ビットコインとは別種の、新しい仮想通貨が生まれたことになります。

ビットコインとビットコインキャッシュって違うの?

ビットコインを取引するとき、これに近い名前の仮想通貨を見た人も多いでしょう。
ビットコインキャッシュなど、比較的有名です。
ビットコインとビットコインキャッシュは、名前は似ていますが別種類の仮想通貨になります。
なぜこのような似た名前なのかというと、ビットコインがハードフォークされ、そこから分岐して生まれた新しい仮想通貨だからです。
このようにハードフォークが行われると、その仕様変更により、ビットコインから新しい種類の仮想通貨が生まれることが多いのです。
このような明確な変化をともなう仕様変更になるため、ユーザーとしてもハードフォークのことはある程度知っておきたいのですね。

そのわけは、ビットコインから別の仮想通貨が生まれるとして、多少の混乱が起きる可能性があるからです。
ハードフォークにより、結果的には新しい仮想通貨が生まれることが多いのですが、厳密にはこれはブロックチェーンの仕様変更となります。
その結果として、新しい仮想通貨が生まれた状態になるわけです。
ただ、その仕様変更がうまくいかなかった場合、もとのビットコインが今後も問題なく運用できるのか、絶対の保証はありません。
そのようなことから、取引所やユーザーの側でも、ハードフォークにはかなり注意されることが多いです。

ハードフォークのメリット デメリット

そのようなリスクもあるハードフォークですが、ユーザー側のメリットもないわけではありません。
ハードフォークが行われた後、それが無事成功し、新しいビットコインが生まれた場合、すでに旧来のビットコインを持っているユーザーには、新しい種類の方も同量が配布されることがあります。
たとえばビットコインキャッシュが生まれたときも、すでにビットコインを持っているユーザーには、同量のビットコインキャッシュが配布された取引所などありました。
これは完全にプレゼントのような形となります。
新しいビットコインをもらうために費用は必要ありませんし、旧来のビットコインと引き換えでもありません。
ユーザーからすると、本当にタダで新しい仮想通貨をもらえたことになります。

そしてその後、新しく生まれたビットコインが値上がりした場合、その値上がりの大きさに応じて、ハードフォークのときにこれをもらったユーザーは利益を得られることになるのです。
たとえばビットコインキャッシュが1BCHで10万円ほどに値上がりした場合、ハードフォークのときに10BCHもらっていたら、今それを換金すると100万円もらえる形になります。
実際にビットコインがハードフォークされ、それで生まれたビットコインキャッシュを配布されたユーザーは、これでかなり利益を得たと言われています。

このような利益を得られるかどうかは、新しく生まれたそのビットコインが、今後、どれくらい値上がりするかにかかっています。
ハードフォークによって生まれた種類に人気が出るとは限りませんが、仮想通貨を持っていることで生じるコストはあまりないですから、ハードフォークにあたり、もらえるなら新種のコインをもらっておくのもいいでしょう。
これをもらうためには、新しい種類の配布をアナウンスしている取引所へ、ビットコインを入金しておくことなどが大事です。

ただ、ハードフォークに関しては、仕様変更が失敗したときのリスクや、新しいビットコインが生まれることでの混乱を懸念する声も少なくありません。
この仕様変更の予定や、注意点などはよく確認し、ユーザー単位で対策しておくことも大事となります。

新着情報

ビットコインのハードフォーク対策

もしビットコインのハードフォークが行われることになったら、どのような対策をとればいいでしょうか?
まずは情報収集です。
ハードフォークがいつ行われるのか、それはアナウンスされたりしますから、その日時はしっかり把握しておき、その日にちの前後はビットコインの取引は控えましょう。
ビットコインのハードフォーク対策 ≫ Click

ビットコインのハードフォークを回避するには

ビットコインが分裂する、いわゆるハードフォークですが、これを回避するにはどうしたらいいでしょうか?
個人的に回避する方法があればいいのですが、実はそのような方法はかなり難しいのです。
これらハードフォークは、ビットコインのユーザーがする・しないを自由に選択できるのではなく、どこかのチームが行えば、その変更が全体に適用されてしまうからです。
ビットコインのハードフォークを回避するには ≫ Click

ビットコインハードフォークと取引所

ビットコインは、普段は取引所で売買することが多いですが、ハードフォークが行われるとき、この取引所の対応で知っておきたいことがあります。
一番知っておきたいのは、このハードフォークの前後では、ビットコインの取扱いを一時停止する取引所も多いことです。
つまりハードフォークの直前になってビットコインを換金しておこうとしても、そのときにはもう取引所が売買を停止しており、換金できない場合もありえるのです。
ビットコインハードフォークと取引所 ≫ Click

ビットコインハードフォークで価格は変わる?

ビットコインは法定通貨の代わりとして作られたものですが、現在は株式のように運用する資産にもなっており、その価格の上下に注目されがちです。
そしてこれら仮想通貨の値段は、市場の雰囲気や噂などの影響を比較的強く受けます。
ちょっとしたことで値段が上がったかと思えば、その直後にまた下がったりと、比較的安定しないのが特徴です。
このようなビットコインでハードフォークが起きた場合、これを境に価格が変わったりするのか、ユーザーとしてはかなり気になるところですよね。
ビットコインハードフォークで価格は変わる? ≫ Click

ビットコインハードフォークの影響

ビットコインのユーザーにとって、もっとも気になるのはこのハードフォークによって起こる影響ですよね。
実際にどんな影響があるのでしょうか?
一番大きな影響は、ビットコインの種類が増えること。
ハードフォークが行われると、これまでとは違うビットコインの種類が生まれることが多いです。
ビットコインハードフォークの影響 ≫ Click