ハードフォークとは

HOME » ハードフォークとは

ハードフォークとは

ビットコインのハードフォーク対策

もしビットコインのハードフォークが行われることになったら、どのような対策をとればいいでしょうか?
まずは情報収集です。
ハードフォークがいつ行われるのか、それはアナウンスされたりしますから、その日時はしっかり把握しておき、その日にちの前後はビットコインの取引は控えましょう。
ビットコインのハードフォーク対策 ≫ Click

ビットコインのハードフォークを回避するには

ビットコインが分裂する、いわゆるハードフォークですが、これを回避するにはどうしたらいいでしょうか?
個人的に回避する方法があればいいのですが、実はそのような方法はかなり難しいのです。
これらハードフォークは、ビットコインのユーザーがする・しないを自由に選択できるのではなく、どこかのチームが行えば、その変更が全体に適用されてしまうからです。
ビットコインのハードフォークを回避するには ≫ Click

ビットコインハードフォークと取引所

ビットコインは、普段は取引所で売買することが多いですが、ハードフォークが行われるとき、この取引所の対応で知っておきたいことがあります。
一番知っておきたいのは、このハードフォークの前後では、ビットコインの取扱いを一時停止する取引所も多いことです。
つまりハードフォークの直前になってビットコインを換金しておこうとしても、そのときにはもう取引所が売買を停止しており、換金できない場合もありえるのです。
ビットコインハードフォークと取引所 ≫ Click

ビットコインハードフォークで価格は変わる?

ビットコインは法定通貨の代わりとして作られたものですが、現在は株式のように運用する資産にもなっており、その価格の上下に注目されがちです。
そしてこれら仮想通貨の値段は、市場の雰囲気や噂などの影響を比較的強く受けます。
ちょっとしたことで値段が上がったかと思えば、その直後にまた下がったりと、比較的安定しないのが特徴です。
このようなビットコインでハードフォークが起きた場合、これを境に価格が変わったりするのか、ユーザーとしてはかなり気になるところですよね。
ビットコインハードフォークで価格は変わる? ≫ Click

ビットコインハードフォークの影響

ビットコインのユーザーにとって、もっとも気になるのはこのハードフォークによって起こる影響ですよね。
実際にどんな影響があるのでしょうか?
一番大きな影響は、ビットコインの種類が増えること。
ハードフォークが行われると、これまでとは違うビットコインの種類が生まれることが多いです。
ビットコインハードフォークの影響 ≫ Click

ビットコインハードフォークはいつ起こる?

一度起こると、その仮想通貨が2つに分裂することが多いハードフォーク。
ビットコインを持っているユーザーにとって、これがいつ行われるのかは、知っておきたいポイントですよね。
これについては、あらかじめわかることもあります。
ハードフォークの種類と、その日程については、公式にアナウンスされる場合があるからです。
このアナウンスを参考に、ビットコインのユーザーは、いつ、どのようなハードフォークが行われるかを把握できます。
ビットコインハードフォークはいつ起こる? ≫ Click

ビットコインハードフォークとソフトフォーク

ビットコインに関する仕様変更ではハードフォークが比較的有名ですが、もう1つ、ソフトフォークという種類もあります。
こちらはどういうものなのでしょうか?
これらはどちらもビットコインの取引内容を記録するブロックチェーンの仕様を変更することなのですが、ソフトフォークの方は以前の仕様と互換性のある仕様変更になります。
ビットコインハードフォークとソフトフォーク ≫ Click

ビットコインハードフォークとブロックチェーン

ビットコインのハードフォークとは、不可逆のアップデートとよく言われます。
これはそのアップデートが行われると、旧バージョンとは互換性がなくなるという意味ですが、それは本当でしょうか?
これは本当です。
ブロックチェーンの仕様をある段階からまったく別のものに切り替えることになるため、そちらのものと旧仕様は互換性がなくなります。
ビットコインハードフォークとブロックチェーン ≫ Click

ビットコインハードフォークと半減期

ビットコインハードフォークは、これまでとは取引の記録の仕様を変えることなのですが、そもそもなぜそれをするのか、その理由が知りたいと思いませんか?
それがわかれば、いつハードフォークが行われるか、少し予想がつけられそうですよね。
これにはビットコインの半減期も関係しています。
これにも少し注目してみるといいですよ。
ビットコインハードフォークと半減期 ≫ Click