ビットコインハードフォークの影響

HOME » ハードフォークとは » ビットコインハードフォークの影響

ビットコインハードフォークの影響

ビットコインのユーザーにとって、もっとも気になるのはこのハードフォークによって起こる影響ですよね。
実際にどんな影響があるのでしょうか?
一番大きな影響は、ビットコインの種類が増えること。
ハードフォークが行われると、これまでとは違うビットコインの種類が生まれることが多いです。

実際にこのハードフォークによって生まれた種類に、ビットコインキャッシュ、ビットコインゴールドといったものがあります。
これらはビットコインと名前がついている通り、この仮想通貨から派生して生まれた種類です。
このような新しいビットコインが生まれるのは、ユーザーにとって知っておきたい影響です。

ただ、新しい種類ができたからといって、これまでのビットコインが使えなくなるとは決まっていません。
ビットコインキャッシュ、ビットコインゴールドといった種類が生まれている現在も、ビットコインはビットコインで変わらずに流通しています。
むしろ派生で生まれたこれら種類よりも、ビットコインの方がずっと価値が高いくらいです。
このようにハードフォークによって新しい種類ができたからといって、もともとのビットコインが必ず無価値になるとは決まっていませんので、ここは安心してください。

ただ、絶対に影響が出ないとは限りません。
そのハードフォークがどういう経緯で誰が行うものかによっては、多少の影響が出る恐れはありますから、そのハードフォークについてのアナウンスや市場の声にはよく注意しておくことが大事です。

その他の影響として、ビットコイン自体の人気が変わる場合もあります。
ハードフォークは、どちらかといえばユーザーからは反対の声も出やすい方法になります。
ブロックチェーンの記載方法をある段階から根本的に変える方法となり、しかも以前のバージョンとは互換性がない変更となるため、それが本当にうまくいくのか、問題はないのか、不安視されやすいのです。
結果的には新しいビットコインが生まれるだけに留まることも多いですが、これからも何度もハードフォークが行われる予定だと、これを敬遠するユーザーも出てきます。
そうすると、ビットコイン自体の人気が下がることにもつながりかねません。

このようにビットコインのハードフォークは、結果的には大きな影響は起こらないこともあるのですが、それが起こる可能性もある仕様変更になります。
ビットコインをうまく運用するためにも、このハードフォークがいつ、どのように行われ、それが市場からどのように見られているか、よく注意しておくことが大事です。