ビットコインハードフォークで価格は変わる?

HOME » ハードフォークとは » ビットコインハードフォークで価格は変わる?

ビットコインハードフォークで価格は変わる?

ビットコインは法定通貨の代わりとして作られたものですが、現在は株式のように運用する資産にもなっており、その価格の上下に注目されがちです。
そしてこれら仮想通貨の値段は、市場の雰囲気や噂などの影響を比較的強く受けます。
ちょっとしたことで値段が上がったかと思えば、その直後にまた下がったりと、比較的安定しないのが特徴です。
このようなビットコインでハードフォークが起きた場合、これを境に価格が変わったりするのか、ユーザーとしてはかなり気になるところですよね。

ハードフォークで価格が変わるかというと、その可能性はあります。
これは一時的なものですが混乱を招く恐れがあり、市場から警戒されやすいからです。
この仕様変更はまったく新しい仕様でブロックチェーンの作成をやっていくことになり、以前のバージョンとの互換性がありません。
そのため、新しいバージョンの方はもう新しいビットコインとして分裂するような形になり、古い方と新しい方の両方のビットコインが両立する形となります。
今後も両方のコインがそれぞれ使えるのか、それとも片方だけとなるのか、それぞれの価格の伸びはどうなるのか、フタを開けるまでわからないことが多いため、ハードフォークの前後には、ビットコインの人気が一時的に下がりがちです。

そのような状況になるため、ハードフォークが行われるとき、ビットコインの価格が下がることがあります。
ただし、この影響は一時的な影響に終わることも多いです。
ハードフォークの結果、ビットコインに大きなトラブルや障害もなく、今後もこれまで通りに使えるのなら、特に問題はないからです。

ハードフォークへの不安から一度は価格が落ちた場合でも、しばらく待つうちに人気も元に戻り、価格も戻ることも多いですね。
その後もビットコインの運営等に問題がなく、人気も順調に伸びていけば、ハードフォークの前よりも価格が高くなることもあります。
ビットコインを長期的なスパンで運営したいときなど、ハードフォークの前に一時的に値段が下がったとしても、慌てて売却しないことも大事です。

ただし、これはそのハードフォークにより、大本のビットコインに影響がなかった場合の話です。
一度価格が下がりやすいのも、このハードフォークによって何か支障が出るのではという懸念が現れた形となります。
もしビットコインに予定されているハードフォークがある場合、その仕様変更の詳細を確認しておき、支障が出そうかどうか、ユーザーの方でも確認しておくことが大事です。
もし問題ないと思うなら、ハードフォークの前に少し価格が落ちてもそのまま持ち続けるのが基本的な対応となるでしょう。