ビットコインのハードフォークを回避するには

HOME » ハードフォークとは » ビットコインのハードフォークを回避するには

ビットコインのハードフォークを回避するには

ビットコインが分裂する、いわゆるハードフォークですが、これを回避するにはどうしたらいいでしょうか?
個人的に回避する方法があればいいのですが、実はそのような方法はかなり難しいのです。
これらハードフォークは、ビットコインのユーザーがする・しないを自由に選択できるのではなく、どこかのチームが行えば、その変更が全体に適用されてしまうからです。

つまりハードフォークが行われれば、ビットコインのユーザーにはどうしても影響があります。
ビットコインがハードフォークされたあと、ユーザーが個人単位でその変更の適用を受けないといったことはありません。
そしてビットコインのハードフォークを主張するチームやグループがおり、その人たちがそれを実行すると、仕様変更が行われることになります。

これを回避するために、この取引をしているユーザー単位でやれることはあるでしょうか?
強いて言えば、ビットコインのハードフォークへの反対を表明すること。
この仮想通貨は特定の管理者がおらず、ユーザーが全員で運用しているような形になります。
だからこそ、ハードフォークへ反対するときも、それを訴える明確な相手もいないのですが、特定の誰かがこの仮想通貨の運用に関して、強い裁量を持っているわけでもありません。
そのためユーザー全体の意思が重視されますから、そのハードフォークに反対するなら、その意思表明をするのは大切なことです。

同じように反対を表明しているユーザーが多いほど、そのハードフォークは支持されず、仮に強行されたとしても、その結果生まれた新しい仮想通貨も、支持されないことが多いです。
そのハードフォークがビットコインのユーザー全体から支持を受けないほど、これを強行するメリットもあまりないため、予定されていた仕様変更が中止になったり、仮に実行されたとしても、ビットコインへの影響が小さくなったりします。

反対の表明をしたからといって、ハードフォークを絶対に回避できるわけではないのですが、できる限りその仕様変更を止めたいなら、このような反対の表明を一人のユーザーとして出しておくことは大切です。
このような意思表明をする場所として、SNSのアカウントなど持っていれば、そこで反対の表明をしてみるといいでしょう。
影響力のある有名なビットコインのユーザーが、自分と同じようにハードフォークへ反対していれば、その意見を拡散するといったことも有効です。
このような対応をすると、ハードフォークを回避しやすくなります。