ビットコインのハードフォーク対策

HOME » ハードフォークとは » ビットコインのハードフォーク対策

ビットコインのハードフォーク対策

もしビットコインのハードフォークが行われることになったら、どのような対策をとればいいでしょうか?
まずは情報収集です。
ハードフォークがいつ行われるのか、それはアナウンスされたりしますから、その日時はしっかり把握しておき、その日にちの前後はビットコインの取引は控えましょう。

なぜかというと、ハードフォークが行われた後、ビットコインが今後どのようになるのか、影響が予想されるため、取引所によってはその予定日の前後に、ビットコインの取引を一時停止する場所があるからです。
このハードフォークの時期に合わせて、ビットコインを売買するのは、あまりおすすめではありません。
この時期はその仮想通貨の取引は控えておき、今後どうなるのか、ニュースや各取引所のアナウンスをこまめにチェックしておきましょう。

そしてハードフォークで気をつけたいのは、これまで流通していたビットコインが無価値にならないかどうかです。
仕様変更で生まれた新しい種類のビットコインへその価値が移行するなら、そちらへのアップデートが必要です。
これまでのハードフォークでは、結果的に新しい仮想通貨が生まれるだけで、それまで流通していた仮想通貨が無価値になるといったことは、あまり起きていません。
ビットコインキャッシュが生まれたのもこの仕様変更の結果ですが、それにより、これまで使われていたビットコインが無価値になったわけでなく、これまで通りに流通しています。

ただ、ハードフォークは使用変更をともなうため、この結果、これまで使っていたビットコインがどうなるのか、アナウンスには十分に注意しないといけません。
もし推奨される対応があったり、多くの取引所が呼びかける対応があったりすれば、その対応がハードフォーク対策となるでしょう。

どうしていいかわからなかったり、ハードフォークの結果、混乱が起こるのではと不安なら、この仕様変更が実行される前に、ビットコインを手放すという対策もあります。
この仕様変更は、あくまでその種類の仮想通貨の中で行われるものです。
その種類の仮想通貨を持っていない人には、それほど影響はありません。

ですからもしビットコインのハードフォークが不安なら、その対策として、一度これを手放すという対応が有効です。
ビットコインは人気の高い仮想通貨ですから、日本円や米ドルなど、別の通貨に換金するのも簡単です。
一度別の通貨に戻しておき、ハードフォークが終わった後の状況を見て、またビットコインに戻せば、この仕様変更の影響を受けにくくなります。
このような対策が有効です。