ビットコインハードフォークとブロックチェーン

HOME » ハードフォークとは » ビットコインハードフォークとブロックチェーン

ビットコインハードフォークとブロックチェーン

ビットコインのハードフォークとは、不可逆のアップデートとよく言われます。
これはそのアップデートが行われると、旧バージョンとは互換性がなくなるという意味ですが、それは本当でしょうか?
これは本当です。
ブロックチェーンの仕様をある段階からまったく別のものに切り替えることになるため、そちらのものと旧仕様は互換性がなくなります。

まずブロックチェーンについてですが、これはビットコインの取引内容を記録したものです。
どこの誰がいくらビットコインを持っているかといった情報や、誰かへ送金した情報などが記録されています。
そしてこれら情報はブロック単位でまとめられ、そのブロック単位で情報の整合性をチェックされます。
問題ないと判断されれば、すでに情報の検証が済んでいるこれまでのブロックの最後に連結されるのです。
そしてまた次の取引記録がブロック単位でまとめられ、情報の整合性がチェックされ、問題なければまたブロックの最後に連結されます。
ビットコインの取引記録は、このようにしてブロック状に作られ、1本の鎖のように連結されています。
そのためブロックチェーンと呼ばれるのです。

この記録内容は、すべて同じ仕様で記載されているのですが、これを変更する1つの方法が、ハードフォークになります。
これはそのブロックの記載の仕様を、ある段階から別のものに変更する方法です。
これをすることで、これまで記録されたブロックチェーンのすべてを見直すことなく、新しい記載方法へ仕様変更できるのですが、古いバージョンと新しいバージョン間の調整がされないため、新旧の仕様それぞれでは互換性がなくなるのです。

ただ、ビットコインのユーザーとして知っておきたいのは、このハードフォークが行われた後、新しいビットコインが生まれることが多く、その新しい種類と古い種類には互換性がないのだということ。
ハードフォークを境にブロックチェーンの仕様が変更されたとしても、以前の方法で記載されるバージョンが消えるとは限りません。
そちらはそちらで、これまで通りに運用されるケースも多いです。

そうなると、これまでの方法で運用されている旧来のビットコインと、ハードフォークによって新しい仕様で運用されている新ビットコインが生まれ、それぞれが独立して運用されていくわけです。
ハードフォークにより、仮想通貨が分裂したような形になることも多いですが、それはこのようなブロックチェーン上の仕様変更が原因となります。
新旧どちらかのビットコインを使うなら問題はありませんが、相互の互換性はありませんから、注意してください。