ビットコインハードフォークとソフトフォーク

HOME » ハードフォークとは » ビットコインハードフォークとソフトフォーク

ビットコインハードフォークとソフトフォーク

ビットコインに関する仕様変更ではハードフォークが比較的有名ですが、もう1つ、ソフトフォークという種類もあります。
こちらはどういうものなのでしょうか?
これらはどちらもビットコインの取引内容を記録するブロックチェーンの仕様を変更することなのですが、ソフトフォークの方は以前の仕様と互換性のある仕様変更になります。

イメージとしては、依然のバージョンの仕様の範囲で、少し内容を修正したものがソフトフォークです。
この修正がすぐにビットコインの今後の仕様として定着するわけではありません。
しばらくの間は、旧バージョンと新バージョンの両方の仕様で、ブロックチェーンの作成が行われます。
つまりハードフォークでよくいわれるように、ブロックチェーンの分岐が起きているわけです。

ただ、ハードフォークと違って、これは一時的な状況となります。
なぜならそれぞれの仕様に互換性があるため、やがてはどちらかの仕様に統一されるためです。
以前のバージョンの方が人気ならそちらへ統一されます。
一度行われたその仕様変更は、撤回される形になりますね。

では新しいバージョンの方が人気ならどうなるかというと、このときはそちらへ統一されるのです。
一度行われた仕様変更が支持された形で、以降はそのバージョンがビットコインの仕様として使われていきます。
このようにソフトフォークはハードフォークに比べて穏やかな仕様変更で、ブロックチェーンの分岐がずっと続きません。

このソフトフォークが行われても、ビットコインの分裂などは原則起こらないため、ビットコインのユーザー側で特別注意すべきこともあまりないのです。
仮に行われたとしても、なにか困ることも少なく、仮想通貨でこのソフトフォークは知らない間に行われていることも多いと言われています。
すべての仕様変更がこのように行われれば、ユーザーとしても特に気にする必要はないのですが、その仕様変更がハードフォークで行われることもありますから、このときは注意が必要です。

ソフトフォークとの違いとしてよく覚えておきたいのは、ハードフォークでは仕様変更がある時点をもって行われ、そちらの仕様はもう旧バージョンと統一されないことです。
ブロックチェーン上でも、これら2つはもう交わることなく、それぞれの仕様にそって今後もずっと記載されていきます。
こうなるともうその2つはまったく別の仮想通貨となりますから、ユーザーとしてもどちらの仕様を支持するのか考え、支持する方の種類を今後主に使っていくことになるでしょう。
このようにハードフォークとソフトフォークはまったく違う仕様変更になりますから、よく確認しておきましょう。